スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エゴグラム

エゴグラムって知ってますか?

自分の性格の傾向や行動パターンを見ることができて
対人関係のとりかたの傾向を把握するのに有効である。

カウンセリング場面とかさまざまな場面で活用されてるものです。


いくつかの質問に答えて

批判的な親

養護的な親

合理的な大人

自由な子供

従順な子供




・・・とわけられていて私もさっそくやってみました。
ネットでもエゴグラムと検索すると
いろんなパターンのがありますが

私は何度やっても、結果は


「自由な子供」


直感力、創造性、好奇心、自発性、活気、愉快さ、
表現力など。

のびのびとした性格で、感情を自由に表現し、創造力があり
健康的。

度を越すと、ときと場所をわきまえずにはしゃぎすぎ。


グラフにすると、私の場合「批判的な親」が低く

批判力にかける、無責任、人の言葉に左右されやすい。


悪いところ・・・当たってる・・・。

リーダーとか、物事を決断するのが
むちゃくちゃ苦手。

2番手でいるのが、一番居心地がいいです。


ちなみに主人にやらしたら

「合理的な大人」が一番高く

理性的な性格で判断力に優れる。
あまりに度を越すと、計算高く理屈っぽい、打算的で冷たい印象を与える。


低いのは、これまた私と正反対!

「自由な子供」部分でした。

これが低い人は

無気力で表情の変化にも乏しく、人生をうまく楽しめない。でした。


あはははは、当たってる~。あまり表情にでないもんね。

だけど、私は飛び抜けて、自由な子供部分が高かったのに
主人は自由な子供な部分が、ガクッと低かった。


見事に正反対な性格の夫婦です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。