スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の日

私と母

DSC_0059.jpg


明日は母の日ですね。

私が30歳の時に母が亡くなりました。
亡くなったその年は、テレビや広告、チラシなどで
母の日、母の日と目にするたび、辛くなり

「世の中には、お母さんがいない人だっているんだ!」と腹を立ててたことを
思い出します。


今は、もちろんないですよ (笑)


それは私には主人の母がいるからです。


とても優しい母です。

 
私は結婚する時に
「どんなにすきな人でも、姑になる人が苦手だったら結婚はあきらめよう」と思っていた女です。


主人の母は7人姉妹の長女で、思いやりがあり、自分のことは
二の次、三の次

まさしく長女!



私とは180度まったく正反対の人間です。




私といえば、次女で両親に甘やかされて、甘やかされて育ったので
超甘えん坊でわがまま。



普通男は自分の母親と似たタイプの女性を好きになるといいますが

うちの主人は基本 女を見る目がないので
自分の母とはまったく違うタイプの女を選んでしまいました。 情けない・・・。


なんで自分の母親みたいな女性を選ばなかったのか
腹正しさまで覚えます。(`・ω・´)



きっと自分の母親のような女性を選ぶ洞察力があったら
今頃は、極上な生活を送れてたのに・・・。




こんな な~んにもとりえのない馬鹿×一兆 嫁なのに、とっても可愛がってくれる
極上に心の広い優しい母です。




明日は、母の好きなお寿司とお花を持って
日頃の感謝の気持ちを込めて会いに行きたいと思います。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。